中原中也

中原中也 名付け親は「森鴎外」という嘘

中原中也の名付け親

中也の母フクの妊娠が判明した頃、父謙助は陸軍の軍医として旅順に駐屯していました。そこでフクはさっそく妊娠の旨を伝えるために、旅順の謙助に宛てて手紙を送りました。

謙助は、すぐに手紙の返事を寄越し、「名前は、男なら柏村(旧姓)中也」とありました。

こうして山口県吉敷郡に「柏村(のちに中原)中也」は生まれました。

ちなみに、中原中也という名前は、一見するとペンネームのように感じられるかもしれませんが、まぎれもなく本名です。

明治40年(1907年)、4月29日。フク27歳、謙助30歳のことでした。中原家としては45年ぶりの男の子に、一同「奇跡の子」と沸き上がり、親族や書生を招いて三日三晩の祝宴が開かれました。

中也は、周囲の期待を一心に背負った長男坊でした。

背丈の小さかった(150cmほどだったと言われる)ことで有名な中也は、赤ん坊の頃から他の赤ん坊と比べてもひときわ小柄でした。しかし、それでもすくすくと育ち、日増しに増加していく体重を皆で喜びました。

この「中也」という名前ですが、伝説めいたことが好きだった中原中也は、のちに友人らに「森鴎外が名付け親だ」という「嘘」を吹聴していました。

鴎外は、謙助の軍医学校在籍時の校長でもあり、中原家とも交流があったことから、こうした嘘を言ったようです。実際は、謙助の同僚の中村緑野という軍医が名付け親でした。

この事実を、友人で中也の伝記も書いた大岡昇平は、中也が亡くなってからフクに知らされました。

中也はのちになって、お友達などに森鴎外さんが自分の名前をつけてくれた、と嘘をいっておったそうなんです。いつかも、私は大岡昇平さんから、「中也という名前は、鴎外がつけたというのはほんとうでしょうか?」と、たずねられたことがありました。

「いえ、あれは中村緑野さんがつけたんですよ」

「ありゃあ、中也くんは嘘をいうた」

私がほんとうのことをお答えすると、大岡さんはだまされておった、と笑ってらっしゃいました。中也はときどき、お友達などに、そんな嘘をいうておったようです。

中原フク『私の上に降る雪は 我が子中原中也を語る』より

ちなみに、謙助から届いた手紙にあった「中也」という名前には、振り仮名がついていなかったそうです。

そのため「中也」の読みが、「なかや」なのか、それとも「ちゅうや」なのかとフクは悩み、「なかちゃん」と呼ぶよりも「ちゅうちゃん」と呼ぶほうが馴染みやすいという理由から、自然と「ちゅうや」になっていったのだと言います。

参考文献 中原フク『私の上に降る雪は 我が子中原中也を語る』